非加熱無菌充填の重要項目

テクノス株式会社は安全で美味しいミネラルウォーターを作るツボをよく心得ています。 このページでは非加熱無菌充填プラントの重要な項目(ツボ)の一部を紹介します。 フローチャートもあわせて御覧いただくと一層ご理解いただけると存じます。
【1】ペットボトルの殺菌
※カビ発生の70%はボトル汚染に原因があります。
注意するポイントは以下の通りです
  1. ボトルを20秒以上殺菌剤に接触をさせて完全殺菌を行う事。
  2. 殺菌後は無菌水で十分に殺菌剤を除去する事。
  3. リンサーは殺菌用すすぎ用、各1台とする事。
                    ※ ノズル挿入式リンサーが有効
  4. すすぎ用リンサーは装置自体の無菌性確保に十分に配慮する事。
                      ※ 85℃で30分間循環洗浄殺菌する。
⇒テクノス株式会社なら解決!【ロータリーリンサー】
【2】キャップの殺菌
キャップはねじ山などの凹凸が多い部品ですのでこの特徴を考慮した殺菌方法をとる必要があります。紫外線殺菌方式では、キャップのシュートレールのカゲ部分やネジ谷部分は十分殺菌出来ません。
注意するポイントは以下の通りです。

  1. 紫外線では殺菌できない影部分が出来てしまう惧れがある。
  2. 殺菌剤はねじの凹部分に残留する惧れがある。
⇒テクノス株式会社なら解決!【アセプティック無菌充填機及びキャッパー】へ
【3】壜口の殺菌
壜口の天面・ネジ部の完全な殺菌が必要です。紫外線ランプが有効ですがランプの配列やボトルサイズの切り替えに配慮した機器が必要となります。

⇒テクノス株式会社なら解決!【壜口紫外線殺菌装置】へページトップへ
【4】無菌充填
無菌充填の際の大切なポイントは正確性さと無菌性を確保する事です。具体的には下記の点がポイントとなります。
  1. 残液滞留の無いバルブ構造である事。
  2. ボトルとバルブが非接触で充填出来る事。
  3. 清浄度維持の為、CIP洗浄対応である事。
  4. 機器殺菌時に充填室にスチームを発生させない構造である事。
⇒テクノス株式会社なら解決!【アセプティック無菌充填機及びキャッパー】へページトップへ
【5】無菌濾過-CIP設備
無菌濾過の実現には下記の点を注意する必要があります。
  1. 確実に除菌出来る事。
  2. ミネラル成分を損なわない事。
  3. 継続運用時の性能が大切。
    フィルターのランニングコストは選定時の盲点となりやすく要注意!
  4. プラントとしての清浄性を維持の為、CIP洗浄装置付が必要。
  5. 装置全体の殺菌が可能な事。
⇒テクノス株式会社なら解決!【セラミック無菌濾過システム】へページトップへ
【6】バイオクリーンルーム+クリーンブース
トータルでプラントとしての信頼性を確保するには、空気の清浄性に十分な配慮を行う必要があります。
  1. クラス1000バイオクリーンルーム
    設置装置:第2リンサー(すすぎ用)及び壜口紫外線殺菌装置
  2. クラス100のクリーンブース
    設置装置:無菌充填機及びキャッパー
  3. 2重のバクテリア防止対策を行い充填室内の実測値浮遊粒子はゼロにする事。
⇒テクノス株式会社なら解決!【バイオクリーンルーム】へページトップへ
お問合せボタンサイトマップボタン